*[Macrium]SSDのアップグレード(Reflectでクローン)

今まで使用していたのはSANDISK SSD PLUS 120GB
日本語化作業のファイル(特にMacrium)が増え続け使用率が8割程度となり
手狭になってきたのでSSDを交換
250GBクラスで良かったのだが、Crucial CT500MX500SSD1/JP 500GBが
ちょうど少し値下がりしたので思い切って購入
(CT250MX500SSD1/JPが全く値下がりする気配がないのが残念だった )

データの移行にはMacrium Reflectを使用した
バックアップデータからのリストアでも良かったのだが、普段よく使っているので
こんな時にしか使わないクローンを試してみることに

PCへの接続はUSB3.0接続のケースを使用
f:id:nakapon:20190623140010p:plain

多用する機能ではないからかクローンはちょっとわかりづらいところにある
f:id:nakapon:20190623212219p:plain

最初にクローン先を選択
f:id:nakapon:20190623134937p:plain

クローン元以外の接続されているディスクがリストアップされる
f:id:nakapon:20190623134940p:plain

クローンするパーティションを選択できるが、まるごとコピーなら
ここは無指定で「次へ」を選択するだけで良い
※後で気がついたが、今回のようにディスクサイズが違う場合は
ここでパーティションサイズの調整ができるのだと思う

f:id:nakapon:20190623134945p:plain

ちなみに高度な設定オプションではインテリジェントセクタコピーと
全セクタコピーを切り替え選択できるが、よほどのことがない限り
デフォルトのインテリジェントセクタコピーで良いと思う
※ReflectはFAT16,FAT32,NTFSの他にlinuxのExt 2,3,4をサポートしている
f:id:nakapon:20190623134950p:plain

次にクローンのスケジュール設定ができるがあまり使うことなさそう
f:id:nakapon:20190623134953p:plain

行うクローン処理の概要がリストアアップされるので問題なければ「設定完了」
f:id:nakapon:20190623134957p:plain

続いて今すぐ行うか、このタスクを定義ファイルに保存するかの確認
前述のスケジュール設定と同じであまり使うことはなさそう
f:id:nakapon:20190623134959p:plain

120GB(使用率8割程度)で約15分で終了
f:id:nakapon:20190623135007p:plain

SSDの交換を行い問題なく起動できる事を確認
今まで実行していたMacrium Reflectのバックアップ定義がエラーになるので
編集で再定義して保存
f:id:nakapon:20190623143839p:plain

とりあえずしばらく様子見で取り外したSSDは保存しておく予定
あと翻訳のおかしいところや未翻訳の部分があったので
また日本語化ファイルを修正するつもり

*[PC]実行ファイルにデジタル署名を付与

自分でデジタル署名を付与するためのメモ

ググるとドライバ関連の話がいろいろと出てくる
参考にしたのは
@tenshouki_jpさんのドライバをデジタル署名する方法
天翔記.jp

要はローカルPCに自分で証明書を作成し自分の証明書を使って署名する
必要なコマンドはmakecat.exe、certmgr.exe、signtool.exe
Windows10 SDKだけでよくVisual Studio Communityは不要だった

公式からWindows10 SDK インストーラー winsdksetup.exeをダウンロード
https://developer.microsoft.com/ja-jp/windows/downloads/windows-10-sdk
f:id:nakapon:20190613123435p:plain

必要(インストール)なのは二つ
Windows SDK Signing Tools for Desktop Apps
Windows SDK for UWP Managed Apps
f:id:nakapon:20190613123439p:plain

ツールはここにインストールされる(Windows10 1903の場合)

x64 "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.18362.0\x64"
x86 "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.18362.0\x86"

※Windows10の各バージョン用に10.0.14393.0、10.0.15063.0、
10.0.16299.0、10.0.18362.0がインストールされる

証明書はカレントフォルダに.cerファイルが作成される
どこに作成するか悩んだが、ツールのフォルダにそのまま作成した
また証明書名はユーザー名とし、例に従い%username%で指定している

cd /d "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.18362.0\x64"
makecert.exe /r /pe /ss my /n "CN=%username%" %username%.cer
certmgr.exe /add %username%.cer /s /r localMachine root
certmgr.exe /add %username%.cer /s /r localMachine trustedpublisher

f:id:nakapon:20190613123442p:plain
f:id:nakapon:20190613123448p:plain

証明書は一度作成すれば良い
デジタル署名はsigntool.exeで行う

cd /d "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.18362.0\x64"
signtool.exe sign /a /v /s my /n %username% "署名したいファイル"

f:id:nakapon:20190613123451p:plain

/tでタイムスタンプも付与できるが、URLに何を指定するのが最適か
まだ調べていないので現在は未指定

ググったところ以下の2カ所を使っている例があった

http://timestamp.digicert.com
http://timestamp.verisign.com/scripts/timstamp.dll

*[雑記]HDDの整理

昨年度末に購入した4TB HDD(SMR)に古いHDDからデータ移動
本当は1TB以下のHDDを整理したかったのだが、3TBx4を
衝動買いしたReadyNAS214に回してしまったため、
1TB未満のHDDだけ整理することになってしまった

暇を見ながらなのと捨てるデータと残すデータの選別、
更に古いHDDは転送速度が今のHDDより遅いのと移動後に
念の為ハッシュチェックを行うのでかなり時間がかかる

やっと250GB以下HDDの整理が終わった
問題は残った250GB HDDの処分
流石に買取で値も付かないだろうし、たかが数十円(数円?)の
ためにゼロフィルも面倒
粉砕処理業者に頼むことになりそう

残りは500GB HDD
まだ時間がかかりそう

*[PC]Windows10 1903 でMicrosoft Office 2000

個人情報保護法の成立が2003年、2005年4月1日から施行
それに前後して会社での情報漏洩対策が始まり、PCや
USBメモリの社内持ち込み禁止はもちろん、厳しい職場では
カメラ付き携帯の持ち込みすら禁止されるようになった
結果、仕事(データ)を持ち帰って自宅でサビ残することは
できなくなり、自然とmicrosoft officeを使用することも
無くなり、microsoft office 2000から更新することもなく
いつの間にかインストールすらしなくなった

そんな状況で完全に忘れていたのだが、別件で調べ物を
していた際に偶然「Windows 10でOffice 2000は動作可能か?」
の記事を見た
toei5300daisukidesuさんのブログ
http://toei5300daisukidesu.hatenablog.com/entry/2017/08/31/142524

Windows 10 May 2019 Update直後だったのでバックアップも万全
試しに自分もインストールしてみることに
自分が所有しているのは無印(SR-1ですらない)
service packはこちらを参考に入手
nazo2000さんのサルベージだぜい
http://nazo2000.blog.jp/archives/15615104.html

SP+メーカーの使用も考えたが、高機能すぎてよくわからず
試しに動かしてみたらエラーが発生したので諦めた
昔は一応使ってたんだけどなぁー(汗)

officeと言っても自分が使うのはもっぱらexcelだけだったので
excel 2000のみ選択
f:id:nakapon:20190603125103p:plain

DLL登録失敗やODBCデータソース設定失敗のダイアログが
何回も出るが、全部"無視"を選択
f:id:nakapon:20190603125107p:plain

ちなみにSR-1やサービスパック3の適用でも同様のダイアログが出た
(SP3にSP2は含まれるとのことでSP2はすっ飛ばした)

これで無事excel2000が起動できた
日本語化作業で使う事があるかも
f:id:nakapon:20190603125111p:plain

*[PC]Windows ADK for Windows 10 Version 1903

提供後に不具合が発覚し、対策されるまで更新は非推奨となった
Windows 10 May 2019 Update
さらに不具合が発見されているが、今のところ深刻な影響は自分にはない
forest.watch.impress.co.jp

まあそのうちに対策パッチが出るだろうしとADKのインストールをすることに

前1809の時にPEがadd-on扱いに変更されていたが、
https://nakapon.hatenablog.com/entry/2018/10/06/123052
今回も同様だった
https://docs.microsoft.com/en-us/windows-hardware/get-started/adk-install
f:id:nakapon:20190602095624p:plain

前1809をアンインストールし、念の為に再起動してからadkwinpesetup.exe実行
f:id:nakapon:20190602095629p:plain

webインストーラーなのでダウンロードを別途行うのだが、30分以上かかった
f:id:nakapon:20190602095633p:plain

PEWIMJP.cmdもそのままで使用でき無事wimの日本語化もできた
f:id:nakapon:20190602095637p:plain

<追記>6/3
対策パッチ(KB4497935)がやっと降ってきたが、まだ完全ではないらしい
blog.livedoor.jp